ポルトガル 
写真をクリックすると大きくなります。

リスボン  ジェロニモス・ベレンの塔 エヴォラ シントラ ナザレ バターリヤ トマース


オビドス コインブラ アベイロ ヴィゼウ  ポルト ギマラインス ブラガ アゾレス諸島

                            

地域別にクリックすると写真がでます。

1996年(平成8)年11月14日(木)〜11月22日(月) 12日間 

ポルトガルは、西ヨーロッパのイベリア半島に位置する共和制国家である。北と東にスペインと国境
を接し、国境線の総延長は1,214kmに及ぶ。西と南は大西洋に面している。ヨーロッパ大陸部以外に
も、大西洋上にアソーレス諸島マデイラ諸島を領有している。首都はリスボンモロッコとは陸
上国境がなく、大西洋をはさんで南東に200km離れている。ポルトガルは人口1058万人、ユーラ
シア大陸最西端の国家であり、かつてはヨーロッパ主導の大航海時代の先駆者ともなった。その
ためヨーロッパで最初に日本や中国など東アジアとの接触を持った国家でもある。

ユーラシア大陸の西はじに位置する国、ポルトガル。日本ともつながりが深く、1543年ポルトガル
人が種子島に漂着してから鎖国までの約100年間、南蛮文化は日本社会に大きな影響を与えた
。ポルトガル人の性格を表す言葉に「サウダーデ」がある。郷愁・哀愁などと訳されるが、ポルトガ
ルを旅していると、昔どこかで見たような懐かしい風景に出合うことができる。派手なモニュメント
や刺激的なエンターテイメントはないけれど、親しみやすくほっとする国、それがポルトガルだ。