クリックすると地域別に写真が出ます

写真をクリックすると大きくなります

ニュージーランドを代表する美しい地形には、広大な山脈、蒸気の上がる火山、どこ
までも続く海岸線、内陸深くまで入り込むフィヨルドや緑深い原生林が上げられます。
英国、コロラド州又は日本と大きさや形が似ているニュージーランドは、人口400万
人と世界で最も人口密度の低い国のひとつです。静かにリラックスするには最高の
環境にある国でもあります。また、スリルを求める人々や冒険家にもたまらない魅力
を持った国です。四季はありますが、季節ごとの変化は比較的少なく、一年を通じて
休暇を過ごす地としては理想的な気候となっています。

オークランド  クライストチャーチ  クイーンズタウン  マウントクック 

フイヨルドランド
 テ・アナウ
  ウエリントン  ダニーデイン ギャラリー

1995年(平成7年)3月4日(土)〜3月13日(月)10日間

ニュージーランド

南半球のニュージーランド、日本とは季節が逆の国。だからこそ南十字星や右巻の
渦巻きなど新しい発見がある。国土は日本の四分の三、そこには国立公園が点在し
、国を挙げて自然環境の保護に取り組んでいる。大都市でも車で1時間も走れば緑
と羊の群に出会う。アウトドアを楽しむもよし、マオリ文化に浸るのもよし、南半球の
楽園での楽しみ方はいっぱいある。リピーターの多いのもこの国の特徴だ。
シティ・オブ・セイルズ、オークランド
愛称は"シティ・オブ・セイルズ(帆の町)"。北はワイテマタ・ハーバー、南はマヌカウ・
ハーバーに面した港町だ。世界的なヨットレース、アメリカズ・カップの開催都市でもあ
る。ポンソンビーやパーネルなどのおしゃれなエリアや、ビーチ沿いにカフェが並ぶミッ
ション・ベイ、フェリーで渡るデボンポートなど、見どころはたくさん。
スカイ・タワー
地上328mの南半球で一番高いタワー。年間75万人以上の観光客が訪れる、オーク
ランドのシンボルとなっている。展望台は高さによって3つ設けられ、高さ186mのメイ
ン展望フロアからは、オークランド市内を一望できるほか、ガラスの床を通して地上が
見下ろせてスリリング。さらに220mのスカイデッキからは、一面の広いガラスを通して
はるか82km先まで見えるという大パノラマが広がる。タワー内には、オークランド市街
の景色を眺めながら食事ができるレストランやカフェ、バーなどの飲食店も充実。
オークランド博物館
マオリや南太平洋諸島の歴史コレクション、ニュージーランドの自然に関する展示、第
1次・第2次世界大戦に関するギャラリーなど、内容は多岐にわたり、日本の戦闘機も
展示されている。1860年代のオークランドの街並みを再現したコーナーもある。
index.html へのリンク