イタリア は長靴のような形が特徴的なヨーロッパ南部の国。40を越えるユネスコ世界
遺産
が登録され、芸術作品や遺跡が国内のどこにでもある。そしてまた、海岸、湖、アル
プス山脈やアペニン山脈などの山々といった美しい景観とともに、イタリア料理、ファッショ
ン、高級なスポーツカーやバイクなども世界中で有名だ。イタリアの国土の大部分は地中
海に突き出した半島で、北部はフランス、スイス、オーストリア及びスロベニアと国境を
接している。また、バチカン市国がローマ市内に、サンマリノ共和国がある。長靴の形を
した国を囲む海域にはそれぞれ名前が付いていて、西側にリグリア海、サルデーニャ海と
ティレニア海、南側にシチリア海とイオニア海、東側にアドリア海がある。地形は変化に富
んでいるが、アルプス山脈や国土の大部分を貫くアペニン山脈を含め、山が多いと第一に
言うことができる。イタリアには2つの大きな島があり、そのひとつのサルデーニャ島は半
島の西海岸沖にあり、もうひとつのシチリア島は半島南端の長靴の爪先部分にある。

地域別にクリックすると写真がでます。

写真をクリックすると大きくなります
ローマ   フイレンッエ   ピサ   サン・ジミニヤーノ   シエナ  ヴェネチア

ミラノ
  ヴァルカモニカ  ナポリ  ポンペイ  シチリア島   トリノ  ボローニア 

                        

1995年(平成7)年11月9日(木)〜11月22日(水) 14日間

イタリア

世界遺産の宝庫であり、世界中の文化財の40%がイタリアにあるといわれる国。旅人なら誰もが
憧れる見所満載の街が、陽気にホスピタリティあふれる人々が迎えてくれる国イタリア。現代と古
代が調和された町ローマ。ルネッサンス都市フィレンツェ。水の都であり旅情あふれるヴェネツィア
。ショッピングも楽しい現代イタリアを代表する活気あるミラノ。どの街を訪れてもそれぞれに違う表
情を与えてくれるイタリアの個性ある街。生きる喜びにあふれ、生活を楽しむイタリア人のなかで過
ごすイタリアの旅は、私たちにも生きる喜びと新しい力を与えてくれるに違いない。
世界中の人々を魅了する永遠の都、ローマ
歴史の町ローマ。コロッセオや凱旋門など、教科書や映画で見たままの風景があふれる町。「ロー
マは、一日にして成らず」「すべての道はローマに通ず」……これら数々の格言は、かつての栄光
を物語る。 そして今、旅人はローマを目指す。古代遺跡、カトリックの総本山として世界に君臨する
ヴァティカン、スペイン階段、テヴェレ川。それは古代から現代へ、ヨーロッパのルーツを探る旅にな
るのかもしれない。
世界のファッション界をリードする街、ミラノ。
ミラノには、訪れた者を引きつけて離さないふたつのアートがある。ひとつは、何百年もの歴史に培
われてきた建築物や芸術作品群。ゴシック建築の最高傑作ドゥオーモに始まり、レオナルド・ダ・ヴ
ィンチの名画「最後の晩餐」にいたる数々の歴史的遺産は、ヨーロッパにおけるキリスト教の大いな
る流れを物語っている。そしてもうひとつは、「ミラノ・ファッション」という言葉まで生んだ、世界最先
端のファッションだ。町を見渡せば、ファッション雑誌から抜け出たようなステキな人々がかっ歩して
いる。センスあふれるポスターや、凝った商品のディスプレイを見て歩くだけでも楽しい。
幻想的な水の都ヴェネツィア。
「世界中で最も美しい都」という表現が誇張ではない町、ヴェネツィア。ヴェネツィアを訪れた者は、
その静けさに驚くだろう。車がないということが、車にジャマされずに歩けるということが、こんなにも
心地よいものかと……。心の向くままに細く薄暗い路地に迷い込んでも、危険を感ずることがない
のも、ヴェネツィアの誇りだ。治安の良さは、かつてヴェネツィア共和国として、16世紀のヨーロッパ
の列強のひとつであったヴェネツィア人の子孫であることの誇りがなせるワザかもしれない
ルネッサンス芸術発祥の地、花の都フィレンツェ。
「花の都」フィレンツェは、町全体が美術館といわれているほど美しい町。その歴史はエトルリアの
時代にさかのぼるが、世界史の表舞台に出たのは、何といってもさん然と輝くルネッサンス時代だ
。メディチ家の庇護のもと、多くの芸術家がフィレンツェで作品を残している
index.html へのリンク